マイケルです。

こないだプロ野球を見ていたら、ヒーローインタビューで勝ち投手がインタビューを受けていて、

 

アナウンサー「いや~地方球場に強いですね!」

勝ち投手「そうですね、ちゃんとした球場でも勝てるように・・・あ!違う!ホーム球場でも頑張ります!Σ(゚Д゚;)」

 

と大失言していたのを見て以来、「ちゃんとしたOO」というフレーズが僕の中でマイブームです。

 

今回は、この「ちゃんとした」「まともな」を英語でどう表すか解説します。

日本語では「ちゃんとした・まともな人物」「ちゃんとした・まともな服装」「ちゃんとした・まともな値段」など、色々な状況をまとめて言い表せる便利な言葉だけど、英語では状況によってニュアンスも変わってくるから、色んな「ちゃんとした」を解説していくよ。

 

英語で「ちゃんとした」は沢山ある

 

日本語で「ちゃんとした」や「まともな」を調べると、

しっかりした ・怪しくない・ものの見た目が整っている・社会常識で通用する・妥当な・適切な

などなど色々出てくるね。

英語で同じように1つの言葉ですべてを表すのは無理だから、当てはまる言葉をニュアンスの違いを踏まえて解説していくよ!

 

decent

decent は「社会的な基準で見てちゃんとしていること」「一定の基準に達していること」を表すよ。

 

He is a decent person: 彼はちゃんとした人

a decent wage: ちゃんとした・まともな賃金

a decent stadium: ちゃんとした球場

 

proper

「適切な」「妥当な」「正確な」という意味をもつ proper は、色々な場面でとても良く使われる単語だよ。

 

a proper way: ちゃんとした方法

a proper dress: ちゃんとした服装

proper advice: まともな助言

a proper education:  ちゃんとした教育

 

appropriate

「ある特定の場面や条件などに適している」という意味で使われるよ。

広く使われる proper と意味が被る事があるけど、 appropriate の方がよりフォーマルで堅い場面で使われるよ。

 

an appropriate method: 適切な方法

an appropriate comment: 適切なコメント

※「不適切なコメント」は inappropriate comment と言います

 

reasonable

日本では「リーズナブルなお値段」という風に使われる事が多いけど、これは「安い」という意味ではなくて、「納得のいく値段」という感じだね。

reason は「理由」だから、reasonable は「理由がちゃんとしている、説明のつく、納得のいく」という意味になるのは何となく覚えやすいんじゃないかな。

 

reasonable reason: ちゃんとした・まともな理由

reasonable price:  まともな・妥当な値段

 

legitimate

「合法な」「正当な」など、法律や規則の上で「まともな」というニュアンスがあるよ。

 a legitimate business:  まともな・合法的な商売