英文法の解説記事の記念すべき第一回です( ゚Д゚)

第一回は 現在形 について説明します。

 

現在形とはなんぞや? 

主語 + 動詞の原形 という構造のアレですな。

主語が三人称単数の場合は動詞の原形の後にsがつきますぞ。

例)like → likes, walk → walks みたいな

***しかし変化球も沢山あり。

(go → goes, have → has など。これはいちいち覚えないとネ( ゚Д゚))

 

三人称単数をわかりやすく言うと

わたし(I)とあなた (You) 以外の第三者なアイツ(彼、彼女または物)

しかも単数だから、一人(または1個)ってことね。

「彼ら」とかは単数じゃないよ!

 

I love New York / I hate my teacher / He doesn’t speak English

 

↑これは全部現在形。

ちなみに「現在形」自体を英語で言うと present simple といいます。

 

 

現在形はどういう場合に使うの?

 

まず現在形の大前提を簡単にいいます。

現在形は昨日も、今日も、明日もい~~~っつも変わらない事について述べる時に使う

このことを念頭に置きつつ、現在形を使う場合を3つに分類してみます。

 

①一般的な事実・概念について述べるとき

②い~っつもやってること、習慣について述べるとき

③時刻表や決まったタイムスケジュールについて述べるとき

 

・・・・はい~~?????????( ゚Д゚)って既になっちゃった人、

これから分かりやすい例を書いていきますからご心配なく。

 

ただ最初に言った、

現在形は昨日も、今日も、明日もい~~~っつも変わらない事について述べる時に使う

という大前提を頭に置きながら読んでみましょう。

 

スポンサードリンク

 

①一般的な事実・概念について述べるとき

 

ここで1つ例文をあげちゃいましょう。

 

“Nurses look after patients.” 

(看護師は患者の世話をする)

 

これって一般的な事実ですよね。

言い換えると、誰もが「そうだよ~」って同意できる事実です。

看護師は患者の世話をするけど、しない看護師もいる、なんてことないですよね。

じゃないとお給料もらえないですよね。

「こないだニュースで看護師が患者を虐待してたっていってたんだけど・・・」

とか言うのはやめましょうね。

一般的な概念です。

 

もう一つ例をあげましょう。

 

“The sun rises in the east”

(太陽は東からのぼる)

 

これは屁理屈とか言えないですね。

太陽は絶対に東から登る、普遍的な事実です。

 

“The sun will rise in the east” (太陽は東から昇るでしょう)

とか未来形はダメ!

え?じゃあ昨日は西から太陽昇っちゃってたかもしれない系?みたいになっちゃいます。

“The sun rose in the east”(太陽は東から昇った)

とか過去形もダメ!

え?じゃあ明日は西から昇っちゃう(以下略)

 

昨日も、今日も、明日も同じように太陽は東から登る。。。

そうです、これは 一般的な概念です!

 
 

②い~っつもやってること、習慣について述べるとき  

 

 習慣の例としては、

 

“I always eat something before I go to bed”

(寝る前にいっつもなんか食べちゃうの)

 とかいい例ですかね。

「寝る前に食べると太るよね。でもアタイい~っつも寝る前にモリモリ食べちゃうの( ゚Д゚)」(習慣)

(現在形は always(いつも)とか、usually(たいてい)とかいう言葉と仲良しです。

まさに習慣を表しますからね。)  

 

 “I brush my teeth before I go to bed.”

(寝る前に毎日歯を磨く)

歯磨きは毎日の習慣ですよね。なので現在形 で表します。  

 

“I go to the university of Tokyo.”

(東大行ってます)    

学校ってほぼ毎日行きますよね。

い~~っつもやっていることなので、 現在形 です。  

 

仕事の場合もそうです。

“I work for Apple”

「アップル社に勤めてる」 

 

ちょっとここで役立つ話をします(‘ω’)ノ

 

  “What do you do?”

 

ってどういう意味でしょう?

what do you do は現在形ですね。

「今なにやってんの?」じゃないです。

(ちなみに今何やってんの?は現在進行形)

 

これって、普段い~~っつも何をしてる?って聞いてるんです。

つまり職業 を聞いているんです。

「(普段)何をしてる人ですか?」 ってことですね。

なので受け答えも上の例文のように現在形で答えましょうね。

 

職業を聞く場合には

“What do you do for living?”

(生活のために普段何してる?って意味)  

とかいう言い方が一般的に使われます。

 

 

③時刻表や決まったタイムスケジュールについて述べるとき

 

そのままです。

例えば、電車の発着時間について話すとき、

 

 “The last train leaves at 11:40 pm.”

 「終電は午後11:40だよ」

 “This train arrives at Shinjuku station at 1:30 pm”  

  「この電車は1時半に新宿に着くよ」

 

なんて言う時は、現在形でいいます。

これもい~~つも決まって起こることって考えられますね。

時刻表が毎日違ったら困りますもんね。

なので、スケジュール系は現在形で表すんです。

まあ日本以外の電車はあんま正確な時間に来なかったりするけども。

 

あとはお店の開店時間なんかのタイムスケジュールも一緒です。

 

 “That cafe opens at 7:30 am.”    

「あのカフェは朝7:30に(い~~っつも)開店する」

 

 

 

①②③と読んでみて、現在形の概念がわかったでしょうか?

 

まとめると、最初に言った

現在形は昨日も、今日も、明日も

い~~~っつも変わらないことについて述べる時に使う

っていう感じなんです。

 

昨日だけのことは過去形、今だけのことは現在進行形、明日だけのことは未来形という表現がありますから。

 

現在形の使い方を3つに分類しましたが、

い~~っつも変わらないこと!だと覚えておくといいでしょう(‘ω’)

 

ゆかぞう一押しの英文法のテキスト!(‘ω’)

 

ゆかぞうはドラマや映画で英語を勉強しました(‘ω’)