今回は現在完了形などでよく出てくる、期間を特定する for と since の使い方について説明します。

特に for については、日本の普通の英文法の教科書にはまず載っていない例外的な法則があったりするので、そういったコアな点もじっくり解説していきたいと思います( ゚Д゚)

for と since の基本的な使い方

 

まずは基本の説明から。

for は「どのくらいの期間」かを表し、since は「いつから」かを表します。

 

for

 

for の例
“I’ve been waiting for her for two hours.”

「彼女を2時間ずっと待っている。」

 

 

~ for と一緒に使える言葉の例~

5 minutes / 5 days / 5 months / 5 weeks / 5 years / a long time / ages(長い間という意味)/  years

 

などなど、期間を表せる言葉と一緒に使うことが出来ます。

 

since

 

since の例
“I’ve been waiting for her since 7 o’clock.”

「僕は7時から彼女を待っている。」

 

~ since の後に使えるものの例~

7 o’clock / last Sunday / this April / April 1st / 2017 / this morning / I arrived / I got up

 

などなど、開始した時を表せる言葉と一緒に使うことが出来ます。

 

さっきから例文の彼が彼女に待たされ続けてるなぁ(´・ω・)カワイソス

 

ちなみに、完了形でなくても for や since は使えます。

 

例えば下の文の

 

 

“It’s been two months since I last saw you.”

「あなたに最後に会ってから2ヶ月が経つわ。」

 

という現在完了形の文は、

 

“It’s two months since I last saw you.”

 

と現在形の文に書き換えられます。

 

スポンサードリンク

 

for の省略

 

さてここからがちょっと応用編です。

おそらく日本の文法の教科書には書いてないんじゃないでしょうか。

実は、 for が省略できちゃう場合があるんです。

どんな場合でしょう?

それはネ、否定文じゃなければOKなんですヘ(゚∀゚ヘ)

 

“I’ve been waiting (for) two hours.” →否定文じゃないので for をつけてもつけなくても良い
「2時間の間待ってる」

“I haven’t eaten anything for 10 hours.” →否定文なので for を絶対つける
「10時間何も食べてない」

 

 

逆に for を省略しなきゃいけない場合

 

逆に for を省略しなきゃいけない場合もあります。

おいおいおいおい勘弁してくれよって思うかもしれませんが、覚えることは一つだけです。

期間を表す言葉が、all my life とか all day など、all が付く場合は、for は使えません。

for でわざわざ区間をくくらなくても、all つまり全期間だからでしょうか。

 

“I’ve lived in Tokyo all my life” → for は使えない

「今までの人生ずっと東京に住んでいる」

 

間違えないように例文を唱えまくって癖を付けましょう。

 

 

for の代わりに in

 

さらに、否定文の場合だけに使える特殊な例もあります。

for の代わりに in でも良い、なのです(‘ω’)b

 

“I haven’t eaten anything for 10 hours.”

=”I haven’t eaten anything in 10 hours.”

「10時間何も食べてない」in でも for でも良い!!

 

無理に置き換えて使う必要はありませんが、この事を知っていればもし今後この使い方を何かで見かけたとき、「何で for がないの?何で in 使ってるの??(;´゚д゚`)エエー」ってならなくて済みますね!

 

ゆかぞう一押しの英文法のテキスト!(‘ω’)

 

ゆかぞうはドラマや映画で英語を勉強しました(‘ω’)