マイケルです。2018年はスーパームーンの年でしたね。

僕の住んでるキャンベラでは曇っててスーパームーンは見えませんでした。残念。

ところで、英語表現で “once in a blue moon” というのを聞いたことがありますか?

僕たち英語のネイティブはこの表現をたまに使います。どういう意味だか分かるかな?

 

もともと一か月は月の満ち欠けの周期に基づいて設定されたけど、たまーに満月が月二回見られることがあります。

この二回目の満月を “blue moon” と呼びます。

一か月に満月が二回見られる、つまり blue moon が見られる事はかなりレアなことだよね。

そう、この “once in a blue moon” とは「一か月以内に二回目の満月が見られるくらいレアな事」というのが語源だよ。

 

なので、なかなかめったに起こらないことを表現したい時にこのフレーズを使ってみよう。

 

例) Australia has snow, but only once in a blue moon.

オーストラリアでも雪は降るけど、とても稀な事です。

He is a very calm person, but once in a blue moon he snaps. 

彼はとても落ち着いた人物だけど、ごく稀にキレる。

 

スーパームーンはブルームーンよりもレアだから、オリジナルで “Once in a super moon” (本当にめっちゃ稀な事)みたいな造語もありかもね(笑)

 

月にまつわるフレーズは他にも色々あります。

 

例えば、

 

I love you to the moon and back.

「(月に行って帰ってくる程の労力を惜しまないほど)あなたをとても愛しています」

 

月にまつわるフレーズはなんだか詩的で素敵な響きがあるね。