「分かった」「分かりました」という意味で英語で返事をする時に、OKばかりを使っていませんか?

もちろんOKはとても良く使う返事ですが、いつもいつも、特に短時間の間に OK OK ばかり連呼していると、ワンパターン化してしまって印象も良くないです。

また、丁寧な言葉を使った方がいい場面では、OKだとカジュアルすぎる場合があります。

返事のバリエーションを増やすために、OK 以外にも色々な表現を覚えましょう。

 

色々な返事の仕方

OK/Okay

日本でも良く使われるOK(又は Okay)は、元々は1839年のボストンの新聞で、Oll Korrect(all correct の表記ゆれ)の略語として登場したのが始まりだそうです。

それが今や世界中で使われているなんてちょっとすごいですね!

OKはカジュアルな表現なので、仕事などでかなりの目上の人や、フォーマルな場でお客様に連呼しすぎるのは良くないでしょう。

 

Okie Dokie

これは OK の亜種みたいなもので、「オーキードーキー」と発音します。

「ドーキー」の部分に特に意味はなく、古いかもですが日本語でいう「OK牧場!」みたいなギャグ的なニュアンスです。

英語にはこういう言葉遊び的な言い方が結構あり、他にも 「簡単だ」= “easy” を “easy peasy”(イージーピージー)とわざわざ言ったりします。

Okie Dokie は OKよりもさらにカジュアルなので、友達などに使うのは良いですが、仕事や目上の人に使うのはやめましょう。「貴様・・・ふざけてるのか?」と思われます。

 

Got it

“I got it.” は「分かった」(理解した)という意味のフレーズです。

このフレーズの主語の I を省略した “Got it.” は、カジュアルな短い返事として良く使われます。

主語とかを省略しちゃうのはだいたいカジュアルですね。

 

Sure

Sure は 「もちろん」という意味で使われ、部類としてはカジュアルですが、そこまで砕けた言い方ではないので、仕事で使ったり、お店の人なども良く使います。

英語圏、特にオーストラリアは日本ほど敬語を求められないので、日常であまりきっちりとした敬語を使いません。(でも仕事や目上の人には、かなりカジュアルな言葉(Okie Dokie など)を使うのは絶対やめましょう。)

 

Sure thing

Sure とニュアンスは同じですが、おまけに “thing” がついただけです。深い意味はないです。

また、相手にお礼を言われた時の返しとして、「いやいや、こんなのあたりまえのことだよ。」というニュアンスで Sure thing を使う場合もあります。

Thank you for your help.

「助けてくれてありがとう。」

Sure thing.

「いやいや、こんなのあたりまえのことだよ。」

 

特に丁寧な返事の仕方

Certainly

これはとてもフォーマルな言い方で、よく使われる言い方です。

例えば高級レストランやホテルなどで、スタッフに何かを頼んだ時に、”Certainly.”(かしこまりました)と返されると思います。

Certainly は「確かに」と言う意味なので、「確かに承りました」というニュアンスで使われています。

 

Absolutely

こちらも良く使われる言い方です。

“Absolutely” は「絶対に」という意味の副詞で、何かを頼んだ時などに、「もちろんです!」と快諾するようなニュアンスです。

 

By all means

直訳は、「全ての手段を使っても、あらゆる手段によって」という感じです。

「是非どうぞ!」というニュアンスで相手の行動、行為を許可したりする時に使われます。

Certainly や Absolutely に比べるとあまり聞かない言い方ではあります。

 

With pleasure

“pleasure” は「喜び」という意味で、日本の居酒屋でお馴染みの「はい、喜んで!」みたいな意味合いです。

「どういたしまして」のとても丁寧な言い方にも、”My pleasure.” というのがありますね。

Certainly や Absolutely に比べるとあまり聞かない言い方ではあります。