マイケルです。“Thank you!” と言われた時の「どういたしまして」にあたる英語は “You’re welcome.” と言うのが日本では一般的に有名ですね。

もちろん “You’re welcome.” で正しいのですが、実は他にも色々な「どういたしまして」の言い方があります。

(日本語でも実際色々な言い方があるよね。)

特に僕の生まれたオーストラリアはフレンドリーな人が多いので、“You’re welcome.”よりももっとカジュアルな言い方の方が一般的かもしれません。

自分が ”Thank you!” と誰かに言った時に、相手が自分の知らない言い方で「どういたしまして」を言ってきたら混乱すると思うので、色々な言い回しを覚えておくといいよ。

 

Thank you の色々な言い方や、Thank you のオージースラングについては別の記事に書いているのでそちらも読んでみてね。

 

 

色々な「どういたしまして」

 

カジュアルな言い方

 

No worries!

オーストラリアではこの言い方をする人がとても多いです。

直訳だと「心配はいらない」だけど、ニュアンスがわかるかな?

例えば日本人の会話でよくある、

「本当にすいません~ありがとうございます!」

「いやいやお気になさらずに~」

の、「気にしないで(心配はいりません)」っていう意味と同じだね。

でも、もっと「大丈夫だよ~」とか「いいってことよ!」みたいにカジュアルな感じだよ。

 

Thank you for looking after my baby.

「赤ちゃんの面倒を見てくれてありがとう!」

No worries!

「全然大丈夫よ^^」

 

That’s alright

これも、alright = 大丈夫だよ!ということで、no worries と似ているでしょう?

この言い方をする人も沢山います。僕の職場で、ちょっとした雑務をやってくれた人に ”Oh, thank you!” というと 、しょっちゅう “That’s alight!” と返ってきます。

 

Thank you for making coffee for me.

「コーヒーをいれてくれてありがとう」

That’s alright!

「このくらい何でもないわよ~」

 

All good

直訳すると、「全て良い」ですが、「全て良い」=「何も問題はない」って事ですね。

これも上の2つとニュアンスが似ているね。

 

Thank you! 「ありがとー!」

All good! 「いいよー!」

 

No problem

これはそのまま直訳で「問題ない」だから、ニュアンスがよくわかるね。

 

Thank you for giving me a lift.

「送ってくれてありがとう。」

No problem.

「問題ないよ。」

 

オーストラリアでは日本みたいに敬語を使う場面が多くないので、例えばお店の店員さんなどがお客さんに “No worries” と言うのは普通です。(高級店の店員さんはフォーマルな言い方をすると思うけど)

フォーマルな場面や、丁寧な印象を相手に与えたい場合にはカジュアルな言い方を使うのは避けた方が良いでしょう。

 

I’m sorry の返しにも使える

上の4つの返し方は “I’m sorry.” と言われた時にも使えます。

「ごめんなさい」「心配ないよ」みたいな感じです。

とても便利なので覚えておくといいよ。

 

I’m so sorry to keep you waiting.

「待たせちゃって本当にごめん。」

No worries. / That’s alright. / All good. / No problem.

「心配ないよ」

 

 

丁寧な言い方

 

 You’re welcome

お馴染みの “You’re welcome.” は、フォーマルな場面にも使えてとても便利な言葉です。

なので、”You’re welcome.” と言うのが癖になっている人は無理に他の言い方をする必要はないよ。

 

Thank you for your kindness.

「ご親切にどうもありがとう」

You’re welcome.

「どういたしまして」

 

You’re welcome のアレンジ

“You’re welcome.” に副詞などをつけてちょっとアレンジした言い方もできます。

強調することでより丁寧な印象になるよ。

 

  • You’re very welcome.
  • You’re most welcome.

 

My pleasure

“Pleasure” は「喜び」という意味なので、「あなたに何かをしてあげたことは私にとって喜びです」という意味が込められているよ。

丁寧なニュアンスが伝わってくるね。

飛行機の客室乗務員やホテルのコンシェルジュがこの言い方をしていたのを覚えてるなぁ。

なので、フォーマルなビジネスジーンでお客さんなどに「どういたしまして」と言う時は、” No worries.” ではなく “My pleasure.” や “You’re most welcome.” などを使うようにしましょう。

“It’s my pleasure.” や “It was my pleasure.” という言い方もできますが、”My pleasure.” は短いので覚えやすいね。

 

Thank you for carrying my suitcase.

「スーツケースを運んでくれてありがとうございます。」

My pleasure. / It’s my pleasure. / It was my pleasure.

「とんでもございません。」