マイケルです。今回は dare という単語を使ったフレーズたちを紹介していくよ。

 

 

dare の意味は大きく分けてこんな感じ。

 

  1. あえて・・・する,思い切って(勇気をもって,生意気にも)・・・する。
  2. 人に…してみろと挑む、挑戦する。

 

dare の後には to +動詞 がくるけど、to が省略される場合もあるよ(詳しくは下の例文で)

 

まず1つめの使い方を説明するよ。

 

 

①あえて・・・する,思い切って(勇気をもって,生意気にも)・・・する。

 

このフレーズのニュアンスを説明するために、例文を使って解説していくよ。

 

I will dare to face any danger.

「どんな危険もいとわない。」

 

この例文を直訳すると、「あえてどんな危険にも直面するぞ!」となります。

普通は危険なことをしたいとは思わないでしょう。

でも、何らかの目的のために「あえて」「思い切って」「勇気をもって」危険の中に進んでいくぞ!という意味です。(この人は何があったんですかね。)

dare はそういうニュアンスを表すことが出来ます。

 

 

He won’t dare (to) ask her out.

「彼は彼女に思い切ってデートを申し込んだりはしないだろう。」

 

ニュアンスとして伝わるのは、この彼にとって彼女は高嶺の花。デートを申し込んでも99%断られるよ。

それがわかっていてまさか「あえて」「生意気にも」「大胆にも」デートを申し込んだりはしないだろ、という感じです。

 ちなみに否定文・疑問文では dare のあとの不定詞の to が略されることがあるよ。

 

ガンダム好きのゆかぞうのリクエストで、このセリフも例文として載せます。

 

I dare to say that they are scum!

「あえて言おう!カスであると!」

 

 

あと、dear を使ったこのフレーズは映画やドラマでもすごくよく見かけるよ↓

 

How dare you!!!

「よくもまあ!(そんなことがいえるな!)(そんなことができるな!)」

 

普通の神経ならそんなことは言わない・できないだろう。それをよくもまああえて大胆にも・生意気にもそんなことを!!!というニュアンスで良く使われます。

ものすごく嫌なことを言われたりされた時に使います。

 

You are dull and have no sense of fashion. That’s why you are always single.

「あんたは鈍くさくてファッションセンスもない。そんなだからいつも独り身なんでしょ。」

How dare you!!!

「よくも言ってくれたな!!!」

 

②人に…してみろと挑む、挑戦する。

 

例 ) I dare you to punch me. 

「俺を殴れるものなら殴ってみろよ。」

 

「俺を殴れるのか?殴れないだろう。思い切ってやってみるか?出来るものならやってみろ」という感じですね。

この人は相手が自分を殴れないと思ってます。「大胆にも」そんなことはできないと。

主語 + dare +人 で、人にできそうにないことをあえてやってみろと挑発する意味になります。

さっきの①の使い方と比較してみましょう。

 

 I dared to punch him. 「あえて彼を殴った」

 

(結局彼は殴られてしまいました。)

 

もう一つ例文をあげます。

 

He dared me into the challenge.

「彼はその挑戦を受けれるものなら受けてみろと挑んだ。」

 

この例文も同じで、挑戦を申し込む時に使えます。

 

 

色んな使いかたがある dare という単語だけど、「普通しないこと、出来なさそうなことをあえてやる」といったニュアンスが共通してるね。