「お腹がすいた」「お腹がいっぱい」は英語で何という?

今回は「お腹がすいた」を英語で勉強しましょう!

日本語でも「小腹が減った」「お腹がペコペコ」とか様々な言い方があるように、英語でもどのくらいお腹がすいたかによって色々な言い方をすることが出来ます。

普通にお腹がすいた

I’m hungry

これは誰もが知っている表現だと思うけど、一般的に「お腹がすいた」と言いたい時に使います。

一番良く使う表現です。

小腹が減った

I feel peckish 

お腹がペコペコなわけではないけど、何となくクッキーでもつまみたい、みたいな時に使える表現です。

日本語でいうところの「小腹がすいた」にあたる表現だね。

空腹で死にそう

I’m starving 

starve とは 餓死する という意味です。

「お腹がすいて死にそう!」という時にこの表現を使います。

お腹がいっぱい

「お腹がすいた」の反対語、「お腹がいっぱい」を英語で何というかも押さえておこう。

I’m full

食べ物でお腹が満たされて full (満タン)という意味です。

最も一般的な言い方だよ。

I’m stuffed

stuff は 詰める という意味。ちなみに ぬいぐるみは英語で stuffed toy で、直訳すると「詰め物をされたおもちゃ」です。

なので、I’m stuffed で「お腹が満たされている」という意味になります。