【実は恥ずかしい和製英語?】「OOフェチ」を英語で正しく言うと?

友達同士で会話をしていると

「私って鎖骨フェチなんだ~」

「俺、足フェチでさー」

なんていう会話になることがありますね。

この「フェチ」という言葉はもともとは英語の fetishism(フェティシズム)又は fetish(フェティッシュ)から来ています。

でも、実はこれらの言葉は日本語のフェチとは少しニュアンスが違います。

マイケルマイケル

英語圏で気軽に「自分はOOフェチ」なんて言うと恥ずかしい思いをするかもしれませんよ。

ということで今回は

  • フェチの語源 fetishism/fetish の意味と使い方
  • 英語で日本語の「OOフェチ」と同じような意味になる英語表現

について紹介します。

フェチの語源 fetishism/fetish の意味

fetishism(フェティシズム)という言葉は、本来は「神やパワーが宿っている物質に対する崇拝」を意味し、それが転じて「異常な性的嗜好」を表すようになったそうです。

マイケルマイケル

なんだかむずかしいね。

fetish(フェティッシュ)とは、その異常な性的嗜好の対象を意味します。

異常な性的嗜好の対象、つまり胸や脚など(男性なら)皆好きな部分とかではなく、くるぶしや鎖骨、足などのマイナーな部分が好きな場合を表す時に fetish という言葉が使われます。

fetish を使って「OOフェチです」と英語で言うには

「私はOOフェチだ」を、本来の言葉である fetish を使って表すと、以下のようになります。

I have a fetish for OO

例)

I have a fetish for collarbones.

「私は鎖骨フェチです。」

I have a fetish about OO

例)

She has a fetish about men’s ankles.

「彼女はくるぶしフェチだ。」

I have a OO fetish

例)

He has a foot fetish.

「彼は足フェチだ。」

ただ、英語圏では fetish という単語を使って日本語のように「自分はOOフェティッシュなんだよ☆」と気軽に話題にすることはないです。

英語の fetish は日本語の「私ってOOフェチなの~☆」みたいな軽い意味合いがなく、結構ガチな印象を与えます。

fetish とはもっとこう「異常性を感じさせる」ような意味合いの言葉なのです。

日本語で「僕は鎖骨に性的執着があるんですよ~ハッハッハ」とか言われると正直引くよね。そんな感じ。

マイケルマイケル

僕は足の小指を見ると異常に興奮してしまうんですよ。

ゆかぞうゆかぞう

うわぁ・・・

マイケルマイケル

みたいな。

余談ですが、ゆかぞうのペットのうさぎちゃん(♂)がゆかぞうの足が大好きで、いつも彼女の足を追いかけてはカクカクしようとするので、よく

マイケルマイケル

You have a foot fetish!

って言っています。

そういう感じの冗談で fetish を使うのはアリです。

「OOフェチです」にもっと近い英語表現

ちょっと取り扱い注意な fetish という単語をわざわざ使わなくても、日本語の「OOフェチ」に近い英語表現はあります。

普段の会話では以下の言い方をするとよいでしょう。

sexually attracted to OO

sexually は「性的に」という意味の副詞、be attracted to OO で「OOに惹きつけられる」という意味なので、

sexually attracted to OO =「OOに性的に惹きつけられる、魅力を感じる」

という意味になります。

「OOフェチ」にかなり近いけど、ちょっと直接的な言い方ですね。

I’m sexually attracted to men’s hands.

「男性の手に性的魅力を感じます。」

have a thing for OO

have a thing for OO =「OOに目がない、大好き」

という意味のスラングです。

ただ単に「OO大好き」という意味なので、食べ物や嗜好品に対しても使います。

I have a thing for big tits.

「巨乳が大好きだ」

She has a thing for chocolate.

「彼女はチョコレートに目がない」

カジュアルなスラングなので、「OOフェチ」に近いノリで使うことができます。

まとめ

日本の「OOフェチ」という言葉は男女共々軽いノリで使える本当に便利な言葉ですよね。

英語圏でこういう話をするとちょっとニュアンスが違っていやらしく聞こえたり大げさに聞こえてしまうので、あまり友達同士で「何フェチか」という話はしないと思います。

ちなみに、「SかMか」という話題も英語圏ではしません。

マイケルマイケル

英語圏で S (Sadist) か M (Masochist) っていったら、これまたガチなやつだからね。

このように日本語には、英語の本来持つ意味をもっと軽くとらえて日常的に使っているケースが多いです。

僕はその文化が結構好きだし、日本で使うならいいと思うけど、外国人に「何フェチ?」とか「SかMか」という質問をすると、びっくりされるのでやめたほうが良いでしょう。