よく、「私は英語が全然だめだったけどOOを一日XX分やったらペラペラになった!」とか

「このスピーーーーーッドラーニングをやったら英語が口から勝手に出てくるようになった!」(ピーーーッはプライバシー保護音です)とか

「この教材をやったらTOEIC満点取れてついでに背も伸びて女の子にもモテモテ!」

とかいうフレーズを巷でよく聞きますよね。

でも、実際どうなんだろう?実際英語が上達した人って具体的に何やってきたの?って思ったことないですか?

周りに実際に英語喋れるようになった人から話が聞ければいいけど、必ずしも周りにそういう人がいるとは限らないですよね。

なので、大学生の時に数字の8 (eight) eit って書いてたくらい英語マジでダメダメだった私が、俗にいう英語が喋れる人になり、このブログ内でも外国人向けに英語で記事を書いちゃってるくらいになった超具体的な軌跡と勉強法を皆さんと共有しようと思います。

 

ちなみに、私はストイックに毎日コツコツ勉強できるタイプではないです。

やる気がある時期は結構頑張ってやるけど、やる気がなくなると急に何もしなくなるタイプです。

わざわざ一浪したのにセンター試験の点数が現役の時より下がって結局現役の時蹴った大学に行ったタイプの人間です。お父さんお母さんごめんなさい。

英語関係の本もたくさん買ったけど、最後まで終わらせたことほとんどないです。(短めの簡単なフレーズ集一冊しか最後までやったことない)

何が言いたいかというと、英語の勉強一度挫折しちゃった人でも、私みたいに不真面目で、ダラダラ勉強したりしなかったりな人でも、ちょっとずつ積み重ねていけば英語はできるようになるよ!っていう希望が持てる明るい話です。

 

英語を上達させる上で一番大切だと思う事

 

そんな英語が続かなかった私でも、今から紹介するこの魔法のような方法でいつの間にかペラペラになったんですよ!

とかもちろん言いませんぞ( ゚Д゚)

そんな方法あったら日本人みんな英語ペラペラじゃあボケェェエェッッーーーって新手の胡散臭い英語教材の広告を見るたびに思います。

私がダラダラ勉強したりしなかったりしながら英語が上達したのは、単に独学でやった英語の勉強方法がものすごく良かったからだと思います。

最初に「よし、英語勉強始めよう!」って思った時、参考書を買う前に「英語」「独学」「勉強法」でググってググってググりまくりましたもん。本当、これが良かったんだと思います。

勉強法が良かったおかげで、ある日急にめんどくさくなって一年間英語を全く勉強しなかった(事実)、とかなってもまた一から始めずに済んで知識と力を蓄積させることができたんだと思います。

つまり、英語を上達させる上で一番大切なことは、どうやって英語を勉強するかです。

 

何を勉強してどんな感じで英語が上達してきたかの軌跡

 

私が英語の勉強を独学で始めた時のレベルを1、ネイティブレベルを6として表を作ってみました。

そのレベルに到達するためにやったことを一番右の列に書きました。

特に効果があったと思う方法は赤くしてみました。

 

レベル1

IELTS 3.0/TOEIC 200-400/英検4級
(試験スコアはだいたいの目安です)

中高で英語は習ったけど大の苦手で、大学に入って英語なんてもう忘れたってレベル

レベル2

IELTS 4.0/TOEIC 400-540/英検3級

ゆっくり話してもらえれば簡単なやりとりはできるレベル

<できたこと>

  • 一人で海外旅行(もちろん秘境とか以外)
    • 写真撮って欲しいと頼む
    • 道を聞く
    • ホテルチェックイン
    • 相部屋の旅人とちょっとだけコミュニケーションをとる
  • 外国人に道を聞かれても答えられる

<できなかったこと>

  • 長いセリフは喋れない
  • 長いセリフでいっぺんに喋られるとたとえゆっくりでも脳がパンク
  • 海外旅行先で帰りの飛行機がキャンセルになったぽいけどどうしたらいいかわからなくて軽くパニック

<そのレベルに到達するまでにやったこと>

  •  CD付きの簡単な英会話フレーズ集2,3冊
  •  2,3日で読める発音の本1冊
  • スクリーンプレイシリーズ(映画の参考書)映画の半分くらいまでやった
  • 無謀にもオーストラリアを一人旅

やったけど身につかなかったもの

  • 高校英文法参考書(すぐさま盛大に挫折&すぐ忘れた)

レベル3

IELTS 5.0/TOEIC 600-750/英検準2~2級

配慮して分かりやすく喋ってもらえれば、簡単な日常会話が楽しめるレベル

<できたこと>

  • カフェでネイティブと1時間とか日常会話をする
  • ネイティブを観光名所に案内する
  • オーストラリアのペンパルに会いに行って2,3日ホームステイ
  • ネイティブとデート
  • 留学先の日本食レストランでバイト(私はしたことないけど同じレベルくらいの友達はしてた)

<できなかったこと>

  • 配慮して喋ってもらえないとキツイ。ネイティブ同士の会話は呪文の様

<そのレベルに到達するまでにやったこと>

  • カフェでオーストラリア人と週一で1時間しゃべったり英語の質問をしてた(3、4か月間くらい)
  • ネイティブのペンパルを作って交流(1年以上続いた)
  • 外国語で日記を書いてネイティブに添削してもらえるSNSサイトで日記をたまに書く(15記事くらい)
  • リスニング教材を4分の1くらいやった(そして挫折した)

レベル4

IELTS 6.0/TOEIC 800点台/英検準1級

配慮して喋ってもらえなくても通常の小難しくない会話だったら、要点が分かるので、応答も自分が知ってる英語で返せるレベル。

<できたこと>

  • 色んな国の人とみんなで遊ぶ
  • 敬語をちゃんと使い分けられる
  • ディズニー映画が字幕付きで楽しめる(アナと雪の女王は英語でしか観てないけど十分面白かった)
  • 英語圏の専門学校や大学(学部による)に入学できるがかなり苦労する

<苦手だったこと>

  • 早口な人、癖のある話し方をする人との会話はキツイ。
  • ネイティブ軍団に一人混ざるのはキツイ
  • 電話越しの英語はハードルが高いので恐怖

<そのレベルに到達するまでにやったこと>

  •  メルボルンの語学学校に半年通った初めてまともに文法を勉強したので、文法が伸びた
    語学学校でいきなり5段階中真ん中のレベル(外語大の学生とかがいた)からスタートできて、一か月で上から2番目のクラスにあげてもらった!
  • その後あまり学校に行かず(!)、インターナショナルな友達と遊んでいた語学学校よりこっちの方でスピーキングがが伸びた)(出席率が悪すぎて危うくビザを取り消されそうになった)
  • 残りの基礎文法を学校で進められた良書を使って一回サラッと勉強。サラッとなのでその後半分以上忘れる。
  • キクタンアプリで毎日英単語を電車で聞く(たまに気が向いた時は書く)しかし挫折して覚えたことは半分以上忘れた。
  • YOUTUBEでアメリカのテレビを見る(Kitchen Nightmare とか見てた)

レベル5

(私は今この辺)

IELTS 7.0/ TOEIC 900点台/英検1級

小難しい色んな種類の会話もできるし、応答の表現も多様。

会話の要点だけじゃなくて長いセリフの1語1語がちゃんとわかる。

分からない単語とかコアな表現、スラングを使われても「ん?それどういう意味?」って聞けばいいだけだから別に会話には困らないレベル。

<できること>

  • 英語で口喧嘩ができ、しかも勝てる
  • 日本人が全くいない環境でも英語で働ける(職種によるが)
  • 発音に癖があって早口な人の英語もまあ聞き取れる
  • インド人が電話に出ても困らない(病院の予約とか英語でできる)
  • ニュースも大体わかる
  • 政治とかについて熱く語れる
  • 字幕の補助があれば大抵の洋画が楽しめる
  • ネイティブ軍団に一人混ざってもまあ平気
  • 英語圏の専門学校や大学の授業についていける

<できないこと>

  • ぼーっとしてる時は相手の言ってることを聞き逃す
  • 天龍源一郎さんバリに活舌の悪い人の英語はキツイ
  • 字幕がないと、ストーリーの大体の流れはわかるけど細かい部分が分からないことがあってあまり楽しくない

<そのレベルに到達するまでにやったこと>

  • ほぼアメリカのコメディードラマやTED TALK のみで勉強。出てくる単語と文法を全部調べて、単語暗記アプリで暗記
  • さらにその音声を繰り返しひたすら聞く。電車の中や料理してるときとか。
  • アプリで英語ラジオをひたすら聴く

レベル6

IELTS 8.0/TOEIC 満点

ほぼネイティブと変わらないレベル

  • 字幕なしでも洋画全然OK、うとうとしてたってニュースとかが聞こえてくる (ネイティブレベル)
  • 集中してなくても会話が聞こえてくる
  • 職場で重要なポストにも就ける

今そこを目指してるけど、レベル5に到達した勉強法で行けると思う

 

英語の試験のレベル別スコアはこちらの方のサイトを参考にさせて頂きました。

英語レベル早見表

色々な英語教材を買ってはちょっとかじって途中でやめてきた私ですが、ちゃんとステップアップできたのは色々模索してきた中で、勉強したことを忘れないで知識を積み重ねられる勉強法を見つけることが出来たからだと思います。

例えば、英単語ってちょっと勉強しても途中で挫折したらそのうち忘れるじゃないですか。

なので私は市販の単語帳とかで単語覚えるのやめました。

文法も語学学校で伸びましたが、実は学校行って一か月で「君は文法ができるからもう上のクラスに上がっていいよ」って言われたんですよw

でも文法教科書とかでまともに勉強したことなかったんですよ。やったけど嫌になってソッコー辞めて全て忘れたし。

上の表には参考までに色々挫折した勉強法もぐちゃぐちゃ書いてありますが、主にやってきたことは

  • まず、簡単なフレーズをたくさん覚える
  • 発音の勉強を早いうちにやっておく

からの、

  • 英語のドラマ、アニメ、映画、ニュース、プレゼンテーション等を使って勉強。その中で使われてる英語表現、文法、単語をネットですべて調べて暗記アプリにぶっこむ。大体覚えたらあとはその音声(ドラマなり映画なり)を繰り返し繰り返し聞きまくる。
  • 日常生活の中でなるべく英語を使う機会を増やす(外国人の友達を作る、英語で独り言を言う、スマホの設定を英語にしてみるetc)

主軸としてはこんな感じです。

全部詳しく説明していくと長くなっちゃうので詳しいやり方は別の記事でもうちょい掘り下げて説明します。

実際に勉強してきて思う、独学で英語をマスターする最善の方法

(記事準備中です)

 

どうしても短期間に英語試験のスコアを伸ばさなきゃいけない、という人は試験用に特化した勉強をしたほうが良いかもしれませんが、私は試験用の真面目な勉強がとにかく続かなかったので、長期で考えた時に身に付きやすい&実戦で使える勉強をしようと心がけました。(でもその内ちゃんと試験で点も取れるようになります。しかも勉強したことを忘れにくいのがスバラシイ。)

私と同じような感じで、「今すぐ試験を受ける必要はないので、とにかく英語が喋れるようになりたい」っていう人は是非私がやってきた勉強法を参考にしてみてください。

 

スポンサードリンク

留学は必要?

オーストラリアの語学学校にて。中央が私。一番左は先生。

上の表に書いてあるから気づいたと思いますが、私留学してます。半年くらい学校行きました。

「なんだ、チートかよ(・д・)チッ」とか思うかもしれませんが、留学したからと言って必ず英語が出来るようになるわけではないです。これは本当にそう思います。

てか半年行ったくらいじゃそこまで劇的に伸びません。せいぜい上の表のワンランクアップくらい。

1年以上留学してるのに私より英語できない人とか結構いました。

なので、たかが1,2か月留学しただけで英語・国際感覚を身に着けたと自慢してる、イケアをアイケアって言っちゃってるようなタイプの人が周りにいたら、心の中で笑ってあげてください。

ぶっちゃけ独学でも全然英語できるようになると思いますよ。

日本人じゃないけど、アニメだけで日本語すごい話せる中国人とか、キムタクが好きすぎてドラマで日本語覚えちゃったマレーシア人とか周りにいます。(2人とも日本にまだ行ったことがないという・・・)

 

でも、やっぱり留学はしてよかったと思います。

何が良かったかというと、「怠けようが何しようが英語の世界なので嫌でも英語に触れることになる」っていう所です。

私は学校途中からサボりまくってたんですが(笑)わりと社交的な性格なので現地でできた友達グループと遊び呆けてたおかげでスピーキングめちゃ伸びました。

留学はやる気があれば最高の環境が整います。自分で特別な工夫をしなくても英語使う機会がそこら中に溢れてますから。

でも、やっぱり自分次第なんですよ。ほんとこれ。

別の記事で留学で成功する人、失敗する人の特徴をまとめてみたんで詳しくはこちらを読んでみて下さい。

 

 

時間がかかるのはしょうがない

 

よくありがちな、「一日15分、3か月で英語が口から自然に出るようになってペラペラに!」みたいな宣伝文句はまずありえないです。

でも、役に立つフレーズや映画やドラマのワンシーンをひたすら叩き込めば、覚えたものに関しては口から自然に出るようなります!ペラペラにはならねーよ( ゚д゚)、ペッ

だって、自分の知らない単語や表現は言われても理解できませんもん。そりゃそうだ。

ある程度レベルが上がれば知らない言葉や表現を使われても、前後の文脈から意味を推測したり、単に「ん?今なんつった?」って聞けば済むようになりますが、知らないことの方が多いような状態なら難しいです。

そして、例え自分の知ってる表現でも、ネイティブ発音でそれらを会話の中から聞き取れるようになるには耳を鍛える必要があります。リスニング力アップというのはそういう事です。

こんなことを書いたらやる気がなくなってしまうかもしれませんが、レベル1から3くらいなら、勉強法が正しければ割とすぐです。

時間がかかるように思えるのは、あんまり役に立たない・身につかない勉強方法で模索しながら回り道をしてしまうからです。

早い人なら半年くらいでレベル1から3に行けると思います。

レベル3でも結構すごくないですか?

明らかに普通の人よりは全然英語ができる人ですよ。ネイティブとデートできますよ。

4から5一番時間がかかると思いますが、(私は勉強したりしなかったりだったので一概にどれくらいかかるか言えないんですが、1年はかかると思います)私みたいに途中で嫌になってもやり方がちゃんとしてればまた始めればいいだけなんであせらずゆっくりやりましょう。

私もはやくレベル6まで到達できるよう頑張ります。一年くらい全く勉強してないやwww(喋ったり聞いたりはしてるけど)

近々勉強再開させて5から6までどれくらいかかるかデータを取ろうと思います。

 

英文法解説してます

当たり前だけど文法は大事です。フレーズ覚えただけで文法が分かってないと会話の応用が利きませんから。

私は文法は映画とかドラマに出てきたものを自分でネットで調べて覚えたんですが、調べるのめっちゃ時間かかるんですよ。(その分忘れにくいんですが)

時間かかるから文法の本を使ってまとめてやった方が早いと思いますが、問題は飽きるんですよ。

上の表で、「文法の教科書やったけど投げ出した」とか書いてありますが、これは本当で、途中で飽きてしまいました。しかも全然頭に入ってこない。

文法勉強するのって楽しくないですよね。クソつまらない教科書一回やったくらいじゃすぐ忘れますし。

高校卒業してから英語を勉強してない人で、中高で習った英文法を全部きれいに覚えてる人ってほとんどいないと思います。

なので、カチッとした教科書みたいじゃなくてもっとこう心躍るような、

2017年の流行語対象候補になった「うんこ漢字ドリル」的なユルいテイストの文法の解説をこのブログでしています。

これで皆さんの英語勉強の効率がアップして挫折率が下がれば幸いです(*´Д`)

ぜひ参考にしてみてくださいね!

日本一ユルくて分りやすい英文法の解説

文法解説は随時更新していきます。

英語を効率よく勉強するのに役立つもの色々

その他にも、私が実践していた日常生活の中でなるべく英語を使う機会を増やす方法についてや、暗記の為に使っているアプリ、やる気を出す方法なんかについて紹介してます。