「波がある」を英語でいうと?

「気分の波がある」「景気の波」「痛みに波がある」など、いつも一定じゃないものを日本語では「波がある」と表しますよね。

この表現は英語で何というでしょうか?

今回は色々な「波がある」という英語フレーズを紹介します。

 

come in waves

waves = 波 なので、なんだか日本語の「波がある」にとても近い感じがしますね。

これは、「波の様に途切れ途切れやって来る」という意味で、痛みを表す時などによく使われます。

なので、病院でお医者さんに痛みの種類について説明する時にも便利ですね(゚∀゚)

 

The stomach pain comes in waves.

「腹痛に波がある。

My depression comes in waves.

「私の鬱には波がある。

 

 

ups and downs

これは文字通り、「上がったり下がったり」という意味ですね。

「やる気があったりなかったりする」「物事の調子が良かったり悪かったりする」という意味で使えます。

 

She has her ups and downs.

「彼女はやる気があるときとそうでないときがある。

The economy has its ups and downs.

「景気には波がある。

 

moody

気分に波がある(ムラがある)性格を表すときには、moody が使えます。

moody は mood (ムード)の形容詞形で、気分が変わりやすいという意味です。

つまり、気分に波があるという事ですね。

 

He is a moody person.

「彼は気分屋だ」

It is difficult to deal with her because of her moody personality.

「彼女は気分屋なので扱いづらい」

 

ただ、moody には「不機嫌な」や「物悲しい・哀愁漂う」という意味もあり、文脈によって意味が変わるので注意しましょう。

 

Why is she so moody today?

「彼女は今日はなぜそんなに不機嫌なのか?」

 

バンドやジョジョに出てくるスタンドで The Moody Blues というのがあるよね。それは「物悲しい・哀愁漂うブルース」という意味です。

 

「mood のあるレストラン」という日本語は間違い

「良い雰囲気が漂う」という意味で、「ムードのあるOO」という使い方をすると思うけど、これは和製英語なので注意しよう。

同じような意味で、「雰囲気」という意味の atmosphere や ambiance, vibe という言葉で代用できます。

This restaurant has romantic atmosphere/ambiance.

「このレストランはロマンチックなムードがある。」

This bar has such a relaxed vibe.

「このバーはくつろいだムードがある。」