be+being+形容詞 の文法の意味と使い方!be+形容詞との違いは?

 

マイケルです。

突然ですが、以下の2つの例文の違いが分かるでしょうか?

He is selfish.

He is being selfish.

selfish = 自分勝手、自己中心的

最初の例文はよくある

He(主語)+is(be動詞)+selfish(形容詞)

の形で、英語の勉強でも一番最初の方にならう文法だね。

二つ目の例文は

He(主語)+is(be動詞)being+selfish(形容詞)

というように、being が入っています。

ゆかぞうゆかぞう

なにこの謎のbeing!!?

この二つの例文はニュアンスが違うから、違いが分からないという人はこの記事を読んで覚えてね。

マイケルマイケル

ということで、今回は be動詞 + being+ 形容詞 の文法の勉強をするよ。

be動詞 + 形容詞

まずは最初の文の

He(主語)+is(be動詞)+selfish(形容詞)

について考えてみましょう。

これって文法で言うと現在形ですよね。

ゆかぞうゆかぞう

それくらい簡単だよ!

って思うかもしれませんが、be動詞 + being+ 形容詞 との比較に役立つからちょっと細かく解説するよ。

現在形がもつ文法のニュアンス

現在形と言うのはもちろん現在のことを表す文法だけど、「普遍的なこと」(一般的に広く認識されていること)や「不変的なこと」(いつまでも変わらないこと)を表す時にも使います。

普遍的なこと

Nurses look after patients.

「看護師は患者の世話をする」

不変的な事

The sun rises in the east.

「太陽は東からのぼる」

マイケルマイケル

現在形のおさらいはコチラだよ!

もっと簡単にいうと、現在形は昨日も今日も明日も同じことを表すときに使えるんだよ。

さて、現在形の文法の特徴をおさえたら、最初の例文

He is selfish. = 彼は自己中だ

のニュアンスがわかるね。

この現在形の文から言えることは、彼は昨日も自己中だったし、今日も自己中、きっと明日も安定して自己中だろうな~っていう不変的な事実。

マイケルマイケル

彼は普段からいっつも自己中な性格ってことだよね。

ゆかぞうゆかぞう

嫌ねぇ~

be動詞 + being+ 形容詞

ここで2つめの例文

He(主語)+is(be動詞)being+selfish(形容詞)

をみてみましょう。

being がついていますね。

なんだか現在進行形のような感じがしませんか?

現在進行形は「今やっていること」について表す文法でなので、

He is being selfish.

=彼はいつもは自己中じゃないのに、今は自己中になっちゃってる

という意味になるのです。

一時的に自己中、ということですね。

マイケルマイケル

現在進行形のおさらいはコチラだよ!

わかりやすくもうちょっと長い例文にしてみましょう。

I can’t understand why he is being so selfish! He isn’t usually like that.

「彼があんなに自己中にふるまっているなんて信じられない! いつもはそんなんじゃないのに。」

こんな感じで、いつもじゃないけど一時的にそうふるまっている場合に、be + being+形容詞の形が使えます。

まとめ

まとめ

be動詞 + being+ 形容詞

=いつもじゃないけど一時的にそうふるまっている、そうなっている状態

Why are you so selfish?

「なんでアンタは(いっつも)そんなに自己中なの?」

と言うより

Why are you being so selfish?

「なんで(いつもはちがうのに)そんなに自己中になっちゃってるの?(本当はそんな子じゃないでしょう?母さん知ってるよ!)」

って言ったほうが、思いやりがある感じがするよね(笑)

ゆかぞうゆかぞう

色々子供の叱り方とかにもよさそうな表現ですな。